未分類

【UR賃貸】そのママ割|家賃が3年間割引!子育て世帯は必見!

UR賃貸住宅をオススメします!

『そのママ割』のご紹介です!

18歳未満の子を扶養している世帯で家賃が3年間お得になるオススメの制度です!

↑ キャッシュバックを申込む ↑

家賃×50%キャッシュバック!

UR賃貸サポートから仮申込をするだけで対象になります!

………
UR賃貸の専門業者です!

経験豊富なスタッフが、しっかりとサポートいたします!

Aさん
Aさん
子育て世帯向けのお得な割引制度ってないのかしら?
スタッフ
スタッフ
そのママ割という割引制度がオススメできます!

そのママ割|子育て世帯が対象!

そのママ割の申込み条件は?

 申込みの条件

  • 満18歳未満の子を扶養している

※孫、甥、姪などの親族も対象になる
※申込み時に妊娠している場合も対象になる

 同居できる親族等の条件

  • 配偶者
  • 6親等内親族(姻族は3親等)

※配偶者には事実婚の相手方、婚約者も含まれる
※法人契約、ハウスシェア、セカンドハウスでの契約などは不可

そのママ割の割引率と割引期間

割引率

  • 通常家賃から約20%の減額
  • 入居中は家賃の変更はなし

割引期間

  • 入居から3年間の割引

3年間の定期借家契約

3年間の定期借家契約です。

契約期間が満了する6ヶ月前までに、URから以下のような通知がきます。

  • 契約期間満了までに退去してください
  • 定期借家契約で再契約をしましょう
  • 普通借家契約を締結し直しましょう

「再契約をして継続居住」という方もいるようですが、入居者側の事情が考慮されることはありません。UR側のみの判断になります。

そのママ割のメリット|家賃が3年間お得!

そのママ割の一番のメリットは家賃が割引されるところでしょう!実際にどのくらいお得になるのかをシュミレーションしてみました!

Aさん一家の割引額は?

Aさん一家の場合は3年間で72万円も安くなりました!

Aさん
Aさん
この時期に家賃で節約できるのは本当に助かります!
スタッフ
スタッフ
UR賃貸住宅では子育て世帯を支援しています!

Bさん一家の割引額は?

Bさん一家の場合は54万円安くなりました!これ以外にも礼金や仲介手数料、保証費用などの掛け捨て分が不要なので、民間と比べると随分お得になりました!

Bさん
Bさん
3年後に同じ団地内のママ割への移転を検討しています!
スタッフ
スタッフ
お子さんが18歳未満であれば住み替えも可能です!

そのママ割のデメリット|定期借家契約である!

契約形態は『定期借家契約』

3年間の定期借家契約

家賃が20%割引されるそのママ割は3年定期借家での契約となります。

定期借家契約の特徴

原則として契約期間が満了となれば、更新はせずに賃貸借契約は終了となります。ただし貸主・借り主の双方が合意をすれば、再契約をすることも可能です。

契約期間満了前の通知

契約期間満了の6ヶ月前までにURから以下のいずれかの通知が来ます。

  • 契約期間満了までに退去してください
  • 定期借家契約で再契約をしましょう
  • 普通借家契約を締結し直しましょう

デメリットへの対応方法

UR賃貸の住み替え制度を利用する

UR賃貸同士での住み替えをするに、退去時に余った敷金が移転先の敷金にスライドされる制度があります、これを『敷金引き継ぎ制度』といいます。

そのママ割への住み替えもOK!

実は3年後に、別のそのママ割の住宅へ住み替えることが認められています。

お子さんが18歳未満であることが条件ですが、引き続き割引家賃で住むことができるでの検討してみる価値はありそうです。

退去予告期間も6ヶ月以上あるので、じっくりと対応することができます。

キャンペーンを利用して住み替え

お部屋探しキャンペーンを一年間のうちの3/4程はやっているようです。

移転先住戸にフリーレントなどが適用されれば、ずいぶんと楽に住み替えができます。

敷金の精算が明確

UR賃貸の敷金の精算は、原状回復をめぐるトラブルの未然防止のために、国交省によりまとめられた一般的な基準に沿って運用されています。

↑ キャッシュバックを申込む ↑

UR賃貸サポートで仮申込をするだけで対象になります。引越しの当日にご指定の口座にご入金いたします。

あなた
あなた
キャッシュバックをもらうにはどうすればいいですか?
スタッフ
スタッフ
UR賃貸サポートから仮申込をするだけです!

完全にメリットのみ!
デメリット一切なし!
手数料等は一切不要!

最後にひとこと…

ここまで一通り解説をしてきました。

それぞれの方にそれぞれのご事情があるので一概には言えませんが、総合的に判断するとオススメできる割引制度と言えるでしょう!

子育て世帯はなにかと出費がかさみます。家計のやり繰りも大変ですので削れるところは削って、できるだけ節約をしていきたいところです。

  • 固定費を抑えて家族サービスにまわしたい
  • 今のうちに教育資金を貯めたい
  • マイホームの頭金を貯めたい

家賃は安いに越したことはありませんが、民間の粗悪な物件には気をつけましょう!

  • UR賃貸は掛け捨て費用がかからないので無駄がない
  • 割引率が高いのでトータルでかなりお得になる
  • 3年後はUR賃貸への住替え制度の利用が便利
  • 18歳未満の子がいればママ割への住み替えも可能