未分類

SEOに強いWebライティングの具体的な手順

ここからはSEOに強いライティングをするための具体的な手順を解説していきます。

これから解説する記事は以下のような記事を想定しています。

記事構成の見本

スタッフ
スタッフ
見本のように「見出し→画像→本文」を繰り返して記事を構成するのは、おおよそどの記事でも共通です。
  1. 記事の目的を明確にする
  2. 検索意図をしっかり把握する
  3. コンセプト(方向性)を考える
  4. 記事のターゲットを決める
  5. 魅力的なタイトルを考える
  6. 全体の記事構成を考える
  7. リード文を書く
  8. 本文を書く
  9. 最後にまとめ
  10. 飽きずに最後まで読めるよう装飾
  11. 記事の完成度は推敲で8割が決まる!

記事の目的を明確にする

記事を書く目的によって内容や考えるポイントが大きく変わります。そのため最初に記事の目的を明確にします。

  • アクセスを集める
  • 商品を売る
  • 被リンク獲得
  • twitterで拡散
スタッフ
スタッフ
Webライティン後は、最初に決めた目的を満たしているかをしっかり確認します。

例えば、アクセスを集めたいのであれば、SEO対策を意識する必要があります。商品をうるなら、しっかり読者に商品の魅力をアピールする必要があります。被リンク獲得なら、リンクしてもらえる工夫が必要になります。

検索意図をしっかり把握する

検索意図についての詳しい解説はさきほどしました。検索意図について、もう一回読みたい場合は以下をクリックしてください。
検索意図の解説をもう一回読む

検索意図により記事内容や結論は大きく変わるため、最初にしっかり考えて置く必要があります。

スタッフ
スタッフ
検索意図はまじで超重要です。

検索意図はひとつとは限りませんし、ビッグキーワード程検索意図が増えます。そして、2語、3語の複合キーワードになるほど検索糸は絞られます。

「青汁」の検索意図

「青汁」というキーワードはビッグキーワードです。月間検索回数も多く、不特定多数のユーザーが検索しています。

検索意図としては以下のようなものが挙げられます。

  • 美味しい青汁の飲み方を知りたい
  • おすすめの青汁を知りたい
  • 美味しい
  • 青汁ってまずい?
  • 青汁って何から出来てるの?
  • 青汁ってどんな効果がある?
  • 市販の青汁でおすすめは?
  • 口コミのいい青汁を教えてほしい
  • 美味しい青汁の飲み方ってあるかな?

ここで挙げたものはほんの一部です。

青汁のようなビッグキーワードになると、もっともっとたくさんのけんさくいとがあります。

実際に「青汁」で生地を書こうと思えば、このような検索意図を全て満たした記事を書く必要があるため大変です。

キーワードが「青汁 効果」なら「青汁の効果を知りたい」という検索意図に絞ることができます。検索意図自体も分かりやすく、記事も書きやすいです。

スタッフ
スタッフ
Webライティング初心者はなるべく複合キーワードから始めると楽です。

コンセプト(方向性)を考える

上位表示されている記事を参考にして、どのような方向性で記事を書くかを考えます。

例えば、SEO対策の記事を書くのであれば、以下のようなものが考えられます。

  • 初心者に検索エンジンの仕組みを含めSEO対策方法を解説
  • 中級者向けにニッチで濃いSEO対策ノウハウを解説
  • SEO対策で押さえたいポイント20選を解説
スタッフ
スタッフ
コンセプトを考えるときは、誰をターゲットにするかで大きく変わるため、コンセプトとターゲットは手順が逆になってもOKです。

重要なのはスタートとゴールと手段

コンセプト決定で重要なことは「誰をどんな方法でどのゴールまで連れていくか」を考えることです。

上記のSEO対策の中級者㎡儒家の記事の例で言えば以下のようなことです。

………

ある程度SEO経験がある中級者」を「他では読めない濃いSEO対策ノウハウ」を書いて「SEO対策で上位表示して収益を上げれられる」ようにする

………

スタッフ
スタッフ
コンセプトは難しいので、Webライティング初心者は深入りしなくてもOKです。

記事のターゲットを決める

Webライティングする上で「誰に向けて記事を書くか」は超重要です。誰をターゲットにするかは記事の書き方や内容が大きく変わります。

例えば、SEO初心者向けの記事なら「SEO対策とは」を丁寧に説明する必要があります。丁寧に説明する文、記事全体の文字数は多くなることが多いです。

逆にSEO中級者向けの記事なら「SEO対策とは」はほとんど書く必要はありません。知っている情報よりも知らない情報が知れる方が読者としては嬉しいからです。

スタッフ
スタッフ
全部を丁寧に書くのは読者に取って親切ではありません。必要に応じて内容を切り捨てる勇気も大事です。

重要なことは「読者がどこまで知識があるか(教育レベル)を想定し、方向性や内容を決定する」ということです。

読者がどこまでの知識を持っているかで、記事内のどこに力を入れて書くかが変わります。

ターゲットで文章は大きく変わる
………………………………………

「別の薬局に転職したい薬剤師」でも年齢、性別、悩み、家族構成などが全然違います。

例えば、以下のどちらのターゲットを想定するか。

・25歳の既婚女性の転職
・50歳の独身男性の転職

この二人のターゲットの悩みや転職理由は全く別ですよね。そうするとどちらをターゲットに記事を書くかで記事内容や書き方は大きく変わってきます。

スタッフ
スタッフ
50歳の独身男性に向けた記事で「子育ての・・・」と書いてもダメですよね。

ターゲットによる文章の書き分け方は以下の記事で詳しく解説しています。

ターゲッティングとターゲットを意識した文章の書き方

魅力的なタイトルを付ける

SEOにおいてタイトルは重要です。そのため私はWebライティングする場合、本文を書く前にタイトルを考えます。

先にタイトルを考えることで本文を書き進める間にタイトルを考える時間が増え、さらに魅力的なものに磨き上げることができます。

スタッフ
スタッフ
タイトルが先にあることで、記事の内容自体もブレにくくなります。

魅力的なタイトルを付けるポイントは以下の通りです。

  • タイトルは32~40文字程度
  • タイトルにSEOキーワードを含める
  • ユーザーに取って魅力的なもの
  • |【】!などの記号を使って読みやすく
  • 具体的な数字や実績を書く
  • 無駄な文字を削って情報密度を高める

タイトルは32~40文字程度

タイトルは32文字前後の者を考えましょう。

32文字前後の根拠はGoogleの検索結果に表示されるタイトルが、おおよそ32文字だからです。

タイトルの文字数はGoogleが自動的に変化するため、32文字に決まっているわけではありません。

スタッフ
スタッフ
どうしてもタイトルが長くなってしまう場合、45文字程度でもOKにすることが多いです。ただ、タイトルが50文字以上になることはないです。

タイトルにSEOキーワードを含める

タイトルに含めたキーワードはSEOでも上位表示されやすくなるため、タイトルにはSEOキーワードを含めましょう。

ひとつのタイトルに入れるキーワードはおおよそ3~5個程度になることが多いです。

本記事であれば「Webライティング、SEO、文章 書き方」などをキーワードとしてタイトルに含めました。

含めるキーワードは一つでもいいのですが、いろんなキーワードを含めるほうがSEOでいろんなキーワードで上位表示できる可能性が高くなります。

スタッフ
スタッフ
タイトルの文字数が長くなりすぎないように注意しましょう。

複合キーワードはサジェストを参考に決めます。

例えば、「アフィリエイト」でGoogle検索すると「やり方、初心者、おすすめ、意味、稼ぐ、A8、始め方」などのサジェストが表示されます(サジェストは検索のタイミングで変化します)。

このサジェストキーワードの中から自分の核記事にマッチしたものを選びます。

スタッフ
スタッフ
キーワードを多く含めすぎると、どのキーワードが重要かGoogleが判断しにくくなってSEO的にはマイナスになる可能性があるので注意しましょう。多くてもキーワードは5つ以下にすることをオススメします。

ユーザーにとって魅力的なもの

タイトルにキーワードを含めることはSEO対策では重要なことです。

しかし、SEOを意識しすぎるあまり、ユーザーのことを意識できていないタイトルになっている人が多いです。

実際に検索結果にあるタイトルを見て、クリックするかどうかを決めるのはユーザーです。ユーザーに取って魅力的なタイトルでなければクリックされません。

スタッフ
スタッフ
仮にタイトルにキーワードが含まれていたとしても、検索結果でのクリック率が悪いと上位表示されません。

検索結果のタイトルがクリックされるかどうかはSEOにおいて非常に重要なポイントなので、魅力的なタイトルを付けられるように意識しましょう。

|【】!などの記号を使って読みやすく

タイトルを付けるときは適切に記号を使うことで読みやすくなります。

例えば

SEO対策って何?初心者が知っておいたほうがいいことを教えます!

というタイトルなら

【SEO対策って何?】初心者が知っておいたほうがいいことを教えます!

とするだけでも【】内が目に止まるようになります。

スタッフ
スタッフ
タイトルを付ける時に「、」「。」だけでタイトルを付けることはほぼありません。

具体的な数字や実績を書く

タイトルに具体的な数字や実績を入れると魅力的なタイトルにすることができます。

アフィリエイト関連のブログで実績を含めるなら「月収100万円稼ぐアフィリエイターが教える」というもの。具体的な数字を含めるなら「たった3ヶ月で」などは読者からは魅力的に見えます。

スタッフ
スタッフ
具体的な数字や実績を含めるのは大事ですが、嘘をついてはいけません。

無駄な文字を削って情報密度を高める

タイトルは32~40文字の少ない文字数で、魅力的な者を考える必要があります。

そのため無駄な文字数を使う余裕は1文字もありません。

例えば、無駄な文字を使って情報密度が低いタイトル例を紹介します。

SEO対策って何?初心者が知っておいたほうがいいことを教えます!

スタッフ
スタッフ
初心者が考えがちなよくあるタイトルです。

このタイトルの問題点は、SEOキーワードがほぼ含まれていない上に、余計な文字が多すぎることです。

具体的には、SEOキーワードは「SEO対策 初心者」の二つしか含まれていません。

さらに「が知っておいた方がいいことを教えます!」の部分にはSEOキーワードが含まれていない上、情報が何も含まれていません。

魅力的なタイトルに書き換えると
………………………………………

「SEO対策って何?初心者が知っておいたほうがいいことを教えます!」をもう少し魅力的なタイトルに書き換えてみます。

書き換え後のタイトル:
【超初心者向け】上位表示のために必要な23のSEO対策方法を完全解説!

上位表示、方法 というキーワードをプラスしてみました。さらに「23」という具体的な数字を入れることで、先ほどよりも魅力的なタイトルになったはずです。

また記号を使ってターゲットの「超初心者向け」というのも目立たせるようにしました。

検索結果での見え方もしっかり意識
………………………………………………

タイトルを考える時は検索結果での見え方も意識しましょう。

・実際にはどのへんまで表示されるか(32~40文字)
・競合と比較して魅力的なタイトルか

タイトルはユーザーにクリックされなければ意味がないので、競合より魅力的かどうかも重要です。

スタッフ
スタッフ
ここで決めるタイトルは最終決定でなくてOKです。途中でもっと良いタイトルが思いつけば変更するので、80%程度の完成度でOKです。

全体の記事構成を考える

タイトルを考えたら、実際に記事を書き始める前に全体の構成と見出しを先に決めます。

文章をいきなり書き始めると話がブレることが多いので注意しましょう。

構成を考える時は検索意図をしっかり意識しましょう。

重要なことは「読者は何が知りたくて検索して記事を読みに来ているか」です。

例えば「××口コミ」なのに口コミが最後に書かれてる記事は本当に多いです。読者が口コミを読みたいなら、口コミは最初に読んでもらいましょう。

スタッフ
スタッフ
記事構成を考えるときも「結論→理由」の順番を守ることが重要です。

構成を考える時に一緒に見出しを考えていきます。

見出しのキーワードもSEO対策では重要なので、見出しにもキーワードを含めます。ただし、全部の見出しに狙っているキーワードを入れて、記事が不自然にならないように注意しましょう。

見出しで重要なのは「理想は見出しだけ読めば記事内容が把握できるようにすること」です。

スタッフ
スタッフ
Webライティングでは、読者は文章を読み飛ばすことを前提に記事を書きます。

リード文(冒頭文)には結論と読むメリット

記事の最初にはリード文(冒頭文)と呼ばれる物を書きます。

読者はリード文を読んで、先を読み進めるかどうかを決めるので、リード文は非常に重要です。

リード文で書く内容は以下のようなものです。

  1. 読者の共感を得る文章
  2. 問題提起
  3. 記事に何が書かれているか
  4. 読者が記事を読むメリット
  5. 最終的な結論

リード文をこの構成でかけば、読者の興味を惹くリード文が書けるはずです。

スタッフ
スタッフ
もちろんキーワード、検索意図、想定する読者によって内容は大きく変わるので、あくまで参考程度に。

実際にどのようなリード文を書けばいいかは、以下の記事を例に解説していきます。

初心者にもおすすめのジャンルを解説

読者の共感を得る文章

  • 今からブログをやるのにオススメのジャンルが知りたい…
  • 色んなジャンルがあるけど、結局どれにすればいいか分からない…
  • 初心者にはコレがオススメ!というジャンルを教えて…!

最初に読者のよくある悩みを箇条書きにします。

実際の読者が記事を読んだときも、この箇条書きに自分の悩みが書かれていれば読み進めてくれる確率は格段に高くなります。

悩みを箇条書きにする必要はなく、文章で書いても問題ありません。

問題提起

運営するブログやアフィリエイトサイトのジャンル選定はとても重要です。

ジャンル選定を間違えてしまうと「頑張って記事を書いたのにアクセスが集まらずに収益もほとんどない」という状況に陥ってしまうことがよくあります。

ここで問題提起をしています。

「ジャンル選びは重要で、失敗すると大変なことになる」という書き方で、記事本文に興味を引きつけます。

記事に何が書かれているか

そこでこの記事では、アフィリエイト初心者向けにジャンルの失敗をしない選び方とオススメのジャンルを紹介します。

記事本文中に何が書かれているかを書きます。

読者が記事を読むメリット

この記事を参考にしてジャンル選びをすれば、アフィリエイトで稼ぎたい人が絶対に狙っては行けないジャンルを選んでしまって失敗することはないはずです。

初心者だと記事を読むことで、どのようなメリットがあるか理解できない人もいます。

そのためこの記事を読むとどうなるのかを、しっかりドクサyに伝えてあげます。

最終的な結論

オススメジャンルをいますぐ見たい方はコチラ

この記事では「おすすめジャンル一覧」が結論になるため、おすすめジャンル一覧にすぐに飛べるリンクを設置しました。

冒頭には結論を書く

リード文でいちばん重要なことは、「記事の結論を書くこと」です。

Webライティングは結論を最初に書くことが何より重要です。すぐに結論が分からない記事は読者には嫌われます。

例えば、ダイエット記事なら以下のようになります。

  • 結論:××することで3ヶ月で7kg痩せることができました。
スタッフ
スタッフ
結論を最初に書いても、興味がある読者はしっかり読み進めてくれます。

まとめると…

  • 今からブログをやるのにオススメのジャンルが知りたい…
  • 色んなジャンルがあるけど、結局どれにすればいいか分からない
  • 初心者にはコレがオススメ!というジャンルを教えて…!

運営するブログやアフィリエイトサイトのジャンル選定はとても重要です。

ジャンル選定を間違えてしまうと「頑張って記事を書いたのにアクセスが集まらずに収益もほとんどない」という状況に陥ってしまうことがよくあります。

スタッフ
スタッフ
特に初心者の方はなんとなくでジャンルを決めて失敗するケースがとても多いです。

そこでこの記事では、アフィリエイト初心者向けにジャンルの失敗選び方と、オススメのジャンルを紹介します。

この記事を参考にしてジャンル選びをすれば、アフィリエイトで稼ぎ大変お世話になります。人が絶対に狙ってはいけないジャンルを選んでしまって失敗することはないはずです。

オススメのジャンルをいますぐ見たい方はコチラ

結論に至った理由を書く

冒頭で結論を書いたら、次にその結論に至った理由を書きます。

ここで意識したいのは「なぜその結論に至ったかを読者が合理的に理解できるか」です。

例えば、ダイエット記事なら以下のようになります。

  • 結論:××することで3ヶ月で7kg痩せることができました。
  • 理由:摂取カロリーより消費カロリーが大きくなったら痩せる。